2012年11月30日

マイコプラズマ肺炎の症状は

姪がマイコプラズマ肺炎になりました。
保育園や幼稚園で流行っていますね!

5〜12歳が一番かかりやすいそうです。
ちなみに4歳以下はかかっても症状が軽いらしいです。

肺炎って聞いたので入院したのかと思ったら入院はしなかったそうです。
熱が下がらないので病院を変えたら良くなったそうです。

病院でも最初は風邪だと思ったみたいです。
マイコプラズマ肺炎は飛沫感染しますが、妹には感染しませんでした。

症状としては咳発熱、痰(たん)、のどの痛み、鼻症状、胸痛、

頭痛などもみられますが、
肺炎にしては元気で一般状態も悪くなく、そのため診断が遅れることがあります。

1週間位で幼稚園に行けそうだったのですがそのあとに急性胃腸炎。

うちの子供はマイコプラズマには感染しませんでしたが、2〜3週間の潜伏期間が
あるので妹が心配していました。

妹の子供も急性胃腸炎で大変だったそうです。
やはり嘔吐の症状は一緒でした。

ノロウイルス、ロタとどちらに感染しているかわからないですが
手洗い、うがいで予防しましょう。

最近は教室に入る前に消毒液がおいてありますので、アルコール消毒で念入りに。

posted by ssd at 13:07| マイコプラズマ肺炎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする