2013年05月10日

レイコップダニクリーナーが人気

ブラシモデルと叩きモデルとでは、捕るゴミの種類が違うようです。ここだけは、気をつけたいと思います。重さはまあまあありますが疲れるほどでもありません。すると、同じ製品がすぐに見つかりました。とてたゴミも見れるので、気持ちがスッキリします。

なにがすごいかというと、ダニクリーナーで布団を掃除すると、ほこりのようなゴミがたくさん取れるところです。天日に干すよりも、掃除機で吸い取る方が、ダニ駆除には効果的と言われています。そして吸引します。髪の毛はもちろん目に見えなかった繊維までも取れていたようでフィルタに白いものが溜まっていました。レイコップをした後は、布団がさらっと、ふわっとするんですよ。

アレルギーの原因の第1位は、ダニだそうです。湿度の高いところを好む性質から、部屋の湿度のコントロールやエサとなるフケや垢をふだんから清掃などで取り除くことが大切です。天日干しで布団を6時間干しても90%ダニは残っているんだそうです。また、じゅうたんやぬいぐるみもこまめに清掃することが大切です。刺すことはありませんが、人間のアカや抜け落ちた髪の毛などをえさに一生生きています。

ダニの大きさは、0.2〜5mmの大きさで、80%が主にチリダニです(コナヒョウヒダニ・ヤケヒョウヒダニ)。ただ1つ気になる点がありました。花粉症で布団が干せなくても、また、梅雨の時期でもペットがいてもよさそうだと思いました。UVランプでダニを弱らせ、たたきヘッドでダニを叩きだすそうです。テレビCMでダニクリーナーを見て、すぐに検索しました。




posted by ssd at 14:26| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする